information

綺麗な形につくるためのコツ ★

今日は綺麗なバッグに作るコツを紹介します。

 

平たい布からバッグ(立体)にするということは

中に物が入る・・・という事を念頭におくことが大切です。

布に表と裏がある場合は、

裏側が内側になるんだ・・・ということをきちんと認識しましょう。

ここを判っているかどうかで・・・仕上がりはかなり違ってきます。

 

今日はSomeco2本使いのトートで説明しますが

この形は4つの角を最初 『ひと結び』 するところから始めます。

同じ位置に同じ大きさの結び目を4つ作ります。

そのとき、内側を意識しましょう★

(写真上)のように角に対して両辺を内側に折るようにして

決して裏側が表に出ないように、結び目を作ります。

風呂敷の先は ねじるようにして結び目をくぐらせます。(写真中)

 

次に

Somecoのリングにくぐらせ

(これは通常のSomecoの通し方です。下からくぐして2個のリングの間にまた入れます)

結び目の中をもう一度通して風呂敷の先を出し切ります。

結び目を抑えながら出し切ったら

風呂敷の先を花びらのように開いていきます。

これで 完成です。(写真下)

 

この形のバッグはとても使いやすいです。

どこに最初の結び目をつくるか?で

大きさが変わりますので、色々チャレンジしてください。

 

                             ♪♪ teru + arai ♪♪